都内レストランで務めるシェフが1か月の食費を公開。シェフならではの節約術とは?

現在の年齢は50歳、家族構成は独身でマンションに一人暮らしです。
仕事は都内レストランの厨房での業務です。

 

一応料理に関しての勉強のつもりですが転職したのが遅かったので調理補助という立場です。基本的に雑用全般と前菜やデザートの盛り付け、仕込みなどが主な業務内容になります。

 

f:id:icen7web01:20170827104326j:plain

 

毎月の食費は約3万円。その内訳は?

仕事の関係で昼は職場でのまかない料理がありますので、朝昼は自分で何か買わない限りお金は掛かりません。夜は外食するのは月に1〜2度程度でそのほとんどは休みの日の食べ歩き、仕事のある日はほとんど帰宅してから簡単な夕食を作ります。

 

一日の食費で掛かるのはおよそ500円程度でしょうか。
その内訳も半分は飲み物、野菜ジュースやお茶などです。

 

金額が安いのは職場で余った食材をもらって帰るからなのですが、これが結構バカになりません。もらえるのはその日の仕込み内容によります。

 

野菜は切り落とした部分などで使えるところはもらいますし、肉もソースの仕込みで使った部分を捨ててしまうので再利用です。

 

あとは消費期限が切れた生クリームや業者からもらった食材の無料サンプルなど、これらに関しては結構値段の高いものも多いので勉強を兼ねて試作したりするにはかなり重宝します。

 

それなりに人気があるお店が職場なので、業者さんも結構な量のサンプルを提供してくれるのはありがたいですね。現にお店の食材として採用されることは極めて少ないのも個人的には好都合です。

 

これらの背景があるので帰りにスーパーに寄って買うのはお肉や野菜を少々、その日に試しに作りたいメニューに添って買うことにしています。

 

あとは休みの日に安い八百屋まで出向いてまとまった量を購入することが多いので、普段は本当に少しだけ買えば済むようになっています。

 

単純計算ですが勤務している一日が500円平均、休みの日食材のまとめ買いと食べ歩きに使うのはその月々で違いますがおそらく3万円ぐらいとして、一ヵ月の合計金額は安い月で2万強、高級なレストランで食事した時で5万前後という感じになるのではないかと思います。

 

一応仕事柄他のレストランに食べに行くのも勉強を兼ねてですから掛かるのは仕方ないですね。それでも普通に外食してしまえばもっと掛かるはずですので、金額的にはかなり抑えられているのではと思っています。

 

食材を無駄なく使う節約術。

食費は掛けようと思えばどれだけでも贅沢はできると思います。
もちろん勉強を兼ねて使ってみたい食材もたくさんありますし、お店ではメニューに関係ないものは普段手に入らないものもあるにはあります。

 

普段心掛けているのは自分なりにテーマに合った料理を作ることですので、手に入る食材を無駄にしないで少しづつ新しい料理を覚えようと頭を使っています。

 

もらえるものは素直にもらってお金を使う部分はそれ以外に、別に高級品でなくてもニュアンスがわかればいい時もありますし、普段使っているものも違う使い方を考えればまたバリエーションが広がります。

 

一緒に働いている仲間にはよくからかわれますが、捨てるものでもらえるものは恥ずかしがらずに全てもらって帰ります。大根やセロリの葉っぱでもなんでもです。

 

若いスタッフに笑われたりしますが、それで大した料理になるとは思っていないから笑うのですね。私はそれを調理する自信がありますから遠慮しません。

 

結果的にはそれが食費を抑えられる要因の一つですし、もともとそんなに高い給料をもらっているわけでもないですから、うまくやりくりしないと食べ歩きするにも予算が掛けられなくなってしまいますね。

 

単純に金額だけを抑えようと思えばまだまだ安く済ませることもできなくはない気がしますが、内容的に充実した食生活をと考えると今の食費で掛かっているぐらいは極めて真っ当な金額の範疇だと思いますね。

 

おそらくこの金額で作る内容にしては結構贅沢なメニュー構成にはできているはずです。

 

お金が掛けられないから思うように食べられないのではなく、何にどれだけ掛けるべきかが重要なことだと思いますし、掛ける必要のないものには掛けずに贅沢すべきところに向けてお金をプールしておくのはいろんな意味で大事なことですね。

 

それが結果として大きな節約にも繋がることになりますし、将来の目的のために勉強にもなります。もしかしたらもうすぐ給料が上がる可能性もありますが、もしそうなっても基本は同じ、強いて挙げるなら食べ歩きに予算を増やすぐらいでしょうか。